母乳の驚くべき力

赤ちゃんは生まれたときに母親の胎内からたくさんの免疫をもらって守られていました。

手を握る赤ちゃん生まれてからは母親の母乳によってその免疫が与えられることになります。

そして離乳食が始まって少しずつ食物から栄養を摂取できるようになります。

それまでは母親の母乳によって免疫力がつけられています。

ですので断乳をしてしまうと免疫力が低下し風邪などをもらいやすくなります。

そしてまれに熱を出してしまうこともあります。

赤ちゃんがよく熱を出すと聞くことがありますがこの時期が体調を崩しやすくなるようです。

大人の立場からいろんなお子さんをみていますと母乳には赤ちゃんをばい菌に感染させることから遠ざける免疫力をつける効果があるようです。

市販の調整ミルクは栄養のバランスが良く配合されていますが重篤な病気から遠ざける効果は母乳にあるようです。

現に母乳を与えると免疫がつき突然心拍が停止してしまうという乳幼児突然死症候群という病気にかかる確率が低くなるそうです。

この病気は2歳ごろまでどのお子さんもかかる可能性のある病気ですが突発性のため防ぐことが難しいそうです。

ですから病院では必ず母乳を与えるように指導がされています。

そして徐々に身体が大きくなってゆくとバランスの良い食事を心がけることで強い身体を作ってゆくことができます。

そのため学校生活では給食が提供されていますよね。

こうやって考えると人間は大人になるまで自然となったように感じますが長い道のりがあるのですね。

赤ちゃんの免疫力は腸内環境を整えることから。詳しくはこちらへ

このページの先頭へ