赤ちゃんの免疫力と便秘の関係

赤ちゃんが便秘になると、免疫力も下がるといわれています。

元気な赤ちゃん人間の腸内に多く存在する腸内細菌は免疫力とも深い関係があり、特に「善玉菌」と呼ばれる健康に有益な菌がたくさん存在しているほど病原菌などに対する抵抗力は強まります。

ところが、便秘になるとウンチが腸内にとどまって腐敗発酵していくため、「悪玉菌」と呼ばれる有害な菌が増殖し、逆に「善玉菌」の勢力は弱まってしまいます。

これが免疫力の低下につながってしまうのです。それだけでなく、悪玉菌の産生するガスは腸の壁を傷つけるので、アレルギーやアトピーの原因ともなると言われています。

さらに善玉菌が弱った環境では、腸の働きも鈍くなりますから、ますます便秘になりやすくなるという悪循環になってしまいます。

ですから、免疫力を高めるためにも普段から便秘になりにくい生活を送れるようにサポートしてあげることが大切です。もしウンチのなかなか出ない日が続いているなら、たまった便を出してあげることが大切です。

赤ちゃんの便秘を解消する方法として、よく行なわれるのは綿棒を使って浣腸することです。

この方法は家庭でも行えて、たまった便を除くのに役立ちますが、何度も便秘を繰り返しているような赤ちゃんの場合には一時的な対症療法にしかなりません。

やはり根本から便秘を解消して免疫力を高めるためには、日頃から赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を元気にしてあげて、腸内環境を整えてあげる必要があります。

赤ちゃんのビフィズス菌を元気いっぱいにする方法はこちらへ

このページの先頭へ