獲得免疫を高める方法

産後最初の一週間ほどの間に出る「初乳」と呼ばれる母乳を飲ませることで、赤ちゃんに免疫力の効果を与えることができます。

母乳を飲む赤ちゃんですがこの力は6ヶ月という期限付きであり、母体から引継ぐ免疫でありますので、母親に免疫がない病気ならば子どもにも免疫がつきません。

大体の人が風邪にかかったことがあると思いますが、風邪のウイルスは何百も存在しているため母親が風邪にかかったことがあって免疫があるからと完全に安心してはいけません。

つまり生後6ヶ月間は免疫があるから本当に一切病気にはならない、なんていうことはありませんので注意が必要なのです。

母親の免疫が切れてからの生後6ヶ月以降は、赤ちゃんが自分自身で免疫力を高めていく時期となります。

自身で獲得する「獲得免疫」は適度に外敵と接して戦い学ぶことで力が高まっていきます。

なので病気にならないようにと神経質になりすぎるよりも、外気に触れてのびのびと生活することが大切となってくるのです。

良かれと思って行ったおもちゃへの殺菌や消毒が逆に作用することもありますので、ほどほどに行うことをおすすめします。

もちろん夜更かしなどの不規則な生活は行わないようにしましょう。

笑ったり褒められたりすることでも免疫力がアップします。

いい気分になることでストレスホルモンの分泌が抑えられて、免疫へのダメージも下げることができるです。

それに自分の子どもの笑顔をみることで、両親の免疫もアップすることと思います。

しっかりと免疫への良し悪しを理解して、赤ちゃんの健康管理に役立てましょう。

赤ちゃんの免疫力は腸内環境を整えることから。詳しくはこちらへ

このページの先頭へ