赤ちゃんの免疫力とアレルギー

乳幼児の場合、母親からの免疫が残っているので、病気などにはかかりにくいとされています。

診察を受ける赤ちゃんしかし、現在では乳幼児期であっても、免疫が少ない為にアレルギーなどの症状に悩まされている患者さんが増えているのです。

そこで、赤ちゃんの頃からしっかりと免疫力を付けるように心がけていきましょう。

その方法として、昔から言われているのは予防接種です。

予防接種を受けることで、特定の病気に対する免疫を高められます。

どのような予防接種があるのかといいますと、ポリオや三種混合、おたふくかぜなどです。

予防接種を受けたいと考えている方は、必ず受けなくてはいけない種類もあるので、通知などが届いたのなら必ず指定された場所で受けましょう。

これによって、免疫を高められます。

さらに、自分達で気をつけることも可能です。

基本的に睡眠の確保はとても重要となっています。

小さい頃から、睡眠を怠るような生活習慣を取ってしまいますと、身体のリズムが崩れたまま成長してしまうからです。

成長ホルモンも全くでなくなってしまいますので、病気がちな赤ちゃんになってしまう可能性があります。

免疫が関係している病気として、アレルギーがありますが、こういった症状を防ぐためには、積極的に自然に触れさせると言う方法が注目されているのです。

ペットなどを飼っていると良いですが、ペットを飼っていないのなら、動物園などへ出かけるのも良いでしょう。

親御さんが気をつけることができるのは、生活環境を整え、食事面を気をつけていくことで免疫力を高められるのです。

赤ちゃんの免疫力は腸内環境を整えることから。詳しくはこちらへ

このページの先頭へ