不思議!赤ちゃんの免疫力

生まれたばかりの赤ちゃんをみたことがありますか?

ハイハイ赤ちゃんそれはテレビのコマーシャルに映る、まるまると太った映像とは違い、本当に小さくて繊細です。

この小さな命を、なんとかして守っていかなければならないと、親の気持ちが引き締まります。

そんな赤ちゃんを守るために、自然はちゃんと力をつけてくれています。

それは、免疫という仕組みです。

免疫とは、自分の体に、ウィルスや細菌などが入ってきたとき、異物と認識して排除しようとする働きのことを指します。

細胞は入ってきた異物を記憶していて、二度目に入ってきたときには、その異物だけに反応する抗体を作って撃退します。

水ぼうそうなど、一度かかったら二度はかからない病気があるのは、そのためです。

ちなみに、小さなころに沢山受ける予防接種はこの仕組みを利用して作られていて、弱毒化したウィルスを注射することで、細胞に記憶させているのです。

乳児は、自分の免疫力が未熟なため、母親の胎内にいるときに、胎盤を通じて母親の血液から、IgGという抗体をもらって生まれてきます。

この働きのおかげで、半年の間、さまざまな病原体から感染を免れます。

赤ちゃんが半年間は風邪をひかないといわれるのは、このためです。

また、母乳にも、のどや消化器を守るIgAという抗体が入っています。

特に生後5日目までに出る初乳に多く含まれるので、初乳を飲むことで、さらに免疫力をもらうことになります。

このように、自然の仕組みはうまくできています。

しかし、母親からもらった免疫があるからといって、すべての病原体を防げる訳ではありませんので、注意も必要です。

赤ちゃんの免疫力は腸内環境を整えることから。詳しくはこちらへ

このページの先頭へ